防災訓練活動


 

行政や周辺の自治会やボランティアなどと共に、助け合いの気持ちで行います。

大地震が発生したとき、建物の倒壊、火災の発生、水道や消火設備、道路の損壊などの被害が広範囲におよぶことが予想されます。市町村や消防など、機関の対応だけに頼らず、地域での活動が重要です。

阪神・淡路大震災のときも、「壊れた家の下敷きになったが、近所の人たちによって救出された」という例が少なくありませんでした。いざというときに力を発揮できるように、日頃から地域のみんなで防災活動に取り組むことが、「皆のまちは、皆で守る」ことのできる災害に強いまちづくりの第一歩であると考えます。

いざというときに的確な行動を起こすためには、訓練を繰り返し行い、その行動を身につける必要があります。お住まいの市町村、地域、消防署などの訓練に積極的に参加しましょう。

平成27年度 横浜市総合防災訓練に参加

9月6日、横浜・山下公園で行われた「平成27年度 横浜市総合防災訓練(第36回九都県市合同防災訓練)」相模湾を震源とするマグニチュード8.1、市内最大震度7の地震を想定した防災訓練だった。

平成28年度 横浜市総合防災訓練に参加

8月21日 南区の市立中村小学校とその周辺で開催された。

平成29年度 横浜市総合防災訓練に参加

9月3日午前、港南区の日の中央公園で、横浜市総合防災訓練が行われた。毎年各区を輪番で実施している防災訓練が今年は港南区だった。

平成30年度 保土ヶ谷公園で行われた横浜市総合防災訓練に参加

9月2日(日)生憎今日の横浜は8時頃から雨が降り始めた。訓練開始の10時半頃には雨も止んできましたが、グランドコンディションは最悪の中での訓練だった。

令和元年9月8日(日)予定の横浜市防災訓練は台風15号の接近に伴い、 中止になりました。今年度の横浜市防災訓練は行われませんでした。

証明書

✎2019.11.16 横浜防災ライセンス資機材取扱講習会(リーダー講習会)参加
(磯部亮)
✎2019.11.22 横浜建設業協会・南土木事務所主催 道路局震災対策訓練 参加
(大橋俊夫)

横浜消防のマスコットキャラクター 「ハマくん 」

横浜市南区地域防災拠点(震災時避難場所)

最終更新日 2018年12月26日 ※横浜市南区HPより引用

地域防災拠点(震災時避難場所)とは 

  • 南区内の25校の小中学校が指定されており、大規模な地震等が発生して、自宅が壊れたり、倒壊する恐れがあるときなど、自宅での生活が困難になったときに一定期間避難生活をする場所です。
  • 防災備蓄庫が整備されており、エンジンカッターや発電機などの防災資機材と乾パンや水缶詰めなどの食料、生活用品が備蓄されています。
  • 各地域防災拠点(震災時避難場所)の運営は、地元住民を中心に、行政、学校の三者で構成された地域防災拠点運営委員会が行います。
  • 地域防災拠点運営委員会は、発災時に地域防災拠点を円滑に運営するという役割を担っています。また、平常時には、地域防災拠点において、避難所の開設訓練や資機材の取扱訓練等を行っています。
  • 避難場所が開設された場合には、地域の情報拠点として、避難生活に必要な情報が集まってきます。
    『南区地域防災拠点(震災時避難場所)』(横浜市南区発行) (PDF:2,246KB) 

↑横浜市南区地域防災拠点(災害時避難場所)を確認できます。是非ご家族の方と情報をシェアし、災害時にはどこの避難場所へ行くか確認し合いましょう。